中央公論12月号に鼎談と「時評2018」第12回が掲載されました。

中央公論12月号 特集「名君と暴君の世界史」に
鼎談「西洋史×東洋史×近代日本史の泰斗が選ぶ 良い指導者、悪い指導者」、
「時評2018」第12回『天災とグローバル化が引き寄せた「世界史ブーム」』が掲載されました。

Comments are closed.